FC2ブログ
仙台タイ式♪タイ好き Piperita ぴぺりた
タイ式マッサージで、日々の暮らしにピリッとひとさじのスパイスを♪
プロフィール

motocondria

Author:motocondria
セラピストとして仙台のタイ式マッサージ店「サバイディ&ティ」に生息中。無類の旅好き♪ タイ好き♪ 海好き♪のリゾートダイバー。ついでにサッカーも熱烈LOVE☆ 【修行歴】2009年5月コラン・セラピスト・スクール・バンコクでタイ古式初級・中級修了。ドイナムサブでタイ伝統の植物療法「サムンプライ=ハーブボール」中級修了。2011年3月タイハーバルマッサージスクール・バンコクでセサミオイルマッサージ修了。2014年12月チェンマイのCCAでレベル1~4修了。タイはバンコク、サムイ、プーケット、チェンマイ、カオラックなど20回以上訪問してます(^^)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
☆☆ 携帯・スマホ用QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
   格安旅お役立ちリンク

☆☆ ホテル料金比較サイト

cha1.jpg

12月上旬、タイ南東部にあるチャーン島へ行ってきました

タイにある島の中で2番目に大きいチャーン島は、その形が象に似ていることから、タイ語で「象=チャーン」と名付けられたそう。 以上、Wikipediaのうけうりw

友人に誘われ連れて行かれるまで、私もチャーン島がどこにあるのか全く知りませんでした~(><)

2泊3日で滞在したのは島の東端↓【Klong Kloi Cottage】
cha2.jpg cha3.jpg
オンザビーチにあって、周りは椰子の木がわさわさ。室内はシンプル&ナチュラル
床板に隙間が空いてたり、朝起きたら部屋のテラスで犬が寝てたり、ホテルステイに慣れている方には不向きですが、エアコン、ホットシャワー、ハンモック、無料のお水付きで、寝るだけなら十分快適。※あくまで私基準です

cha4.jpg cha5.jpg
宿のスタッフもみんな素朴で感じがよくて、海を眺めながら食事ができるレストランも併設しています。

何よりチャーン島は、まだあまり開発されていないため、程度に田舎でふにゃっとゆる~くて、脱力するほどピースフル

朝から海辺でビールを飲んで、ハンモックでお昼寝して、昼間はありえない程の超急勾配を越えてバイクでぶんぶん爆走観光ツーリング。夕方になったらラスタバーで一杯やりながら夕日を眺め、夜はシーフード三昧の夕食を
cha6.jpg

ストレスフリーでチルアウトするには最高
思いがけず久しぶりに直球ど真ん中で好みの島、みつけちゃいました。※あくまで私基準です、再び

【チャーン島への道のり】 ※私が使った行き方のみ紹介

■往路/エカマイバスターミナルからエアコンバスでトラートまで約5時間。トラートのバスターミナルから乗り合いバスで港へ。港からフェリーでチャーンまで30分。港で待っている乗り合いバスを使って宿へ移動。
※エカマイ発の夜行バスを使えば、バンコクを夜中に出発し、寝ているうちにトラート着。チャーン島に早朝着くので1日を有効に使えます。

■復路/宿から専用乗り合いバスで港へ。バスごと船に乗船。トラートの港経由で一路スワンナプーム空港へ。
※宿にバスがお迎えにきてくれる。バスに乗ったままでカーフェリーに上船、下船。島からバンコクまでずっと同じバスのため、途中乗り換えがなく迷わない&楽ちん。

■その他/飛行機(バンコクエアウェイズ)でトラートまで飛び、空港からバスで港へ→船でチャーンへ行く方法も。
※スワンナプーム空港からトラートまで約1時間弱。料金は高くても、バスに長時間揺られることなく、時間の節約になります。

関連記事


この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可